TEL 0748-29-3760
〒523-0037 滋賀県近江八幡市東町187-3

診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
休診日 木曜・土曜の午後、日曜・祝日

EPARK
24h受付中簡単WEB予約

近江八幡市の内科・泌尿器科ならといやまクリニックへ

前立腺肥大症

検診

予防接種

求人情報

Mobile site
HOME»  前立腺肥大症

前立腺肥大症

前立腺肥大症は、何らかの原因により、前立腺の細胞の数が増加し、前立腺が肥大する病気です。

尿道を圧迫し、排尿障害を引き起こします。

加齢とともにかかる割合が増加し、50歳以上の中高年男性によく見られます。

前立腺はクルミ大の大きさで膀胱のすぐ下に位置し、尿道を取り囲む男性特有の生殖器です。精液の構成成分の1つである前立腺液という液体を生成、分泌する役目を果たしていますが、この液体は精子の保護、栄養などになります。

前立腺肥大症になると、前立腺が鶏卵大に大きくなり、前立腺に取り囲まれた部分の尿道が圧迫されて狭くなり、1日に何回もトイレに行く、尿が出にくくなる、尿意が我慢できなくなるなどの排尿障害の症状が現れます。重症化すると尿意があるのにも関わらず排尿出来なくなり、それが慢性化すると、膀胱に溜まった尿が尿管から腎臓へと逆流します。その結果、腎臓が圧迫され、水腎症を引き起こし腎機能が低下します。

前立腺肥大症を放置すると、尿失禁や膀胱結石、膀胱機能の低下などを起こすことがあります。

初期症状では、トイレの回数が増えたり、トイレに行ってもまたすぐに行きたくなるなどの症状がありますので、 自覚症状が出た時点で、ご相談ください。

PAGE TOP